技術と感動をつなぐMetro

PowerCenterの概要

PowerCenterは、企業内外のシステムに分散している様々なフォーマットのデータを抽出、統合し、業務に適したタイミングで提供する、 高性能、高可用性、拡張性に優れたエンタープライズデータ統合プラットフォームです。

以下のような課題、ご要件をお持ちのお客様に

  • 本・支店間やグローバル拠点間で現行IT資産も活用しつつ、データ連携、BIを検討中である
  • 開発生産性向上、TCOの削減を考えプロジェクトを計画中
  • システムリプレイスや企業・事業統合をひかえ、データ移行、新システムを導入予定である
  • 業務データベースや基幹システムに散在するデータを集約してガバナンス・コンプライアンスを推進したい
  • 部門や業務単位での分析に依存しており、統一した総合的な企業レベルでの意思決定がおこなえていない
  • 日々増幅する大量データに現行システムが追いつかず、パフォーマンス改善、業務負荷を減らしたい

PowerCenterの特長

 

あらゆるデータへの容易なアクセスを実現

メインフレームからデータベース、アプリケーション、クラウドまでありとあらゆるシステムに接続して、データの収配信を行うことができます。

  • 構造化、非構造化、半構造化データ
  • リレーショナル、メインフレーム、ファイル、標準ベースのデータ
  • NoSQL Big Data ストア(Hadoop HDFS など)
  • メッセージキューデータ

ユーザーは、業務にあわせて、リアルタイム、バッチ、オンデマンドまたはCDC(変更差分抽出)の方法でデータにアクセス、取得できます。

GUI開発、変換処理ロジックの再利用などによる開発・運用生産性の最大化

GUIベースで開発しますので、ハンドコーディングに比べて開発工数を大幅に削減することができます。

開発および運営管理のための強力なビジュアルツールと共通部品化

  • 操作・理解しやすいGUIベースの開発で異種システム間の複雑なデータ連携を一連のフローとして可視化
  • 複雑な変換処理と使用頻度の高いロジックを部品化し、マッピング時に共通利用

効率よく高品質な開発・保守を実現でき、生産性、信頼性が向上し、仕様変更や追加開発、改修などにも迅速に対応できます。

チームベース開発

複数の環境、場所、チームへの展開を自動化・制御し、開発を高速化、バージョン管理を効率化し、さらに日々の保守コストを削減します。

共通メタデータ管理

テーブル定義やビジネスロジックをリポジトリでメタデータとして共通管理します。
プラットフォームやプロジェクト間で定義を標準化、再利用することで、変更・修正におけるリスクを排除し、信頼性の高いデータ統合基盤を構築します。
また、「Metadata Manager」を利用すれば、他システムのメタデータも含めた一元管理が可能です。

PowerCenterの開発手順

手順 1 ソースターゲットの定義

  • テーブル名やファイル名、属性等のメタデータを定義します
  • 対象ファイル/テーブル数に応じての作業が必要です
ソースターゲットの定義

手順 2 マッピング定義

  • ソースとターゲット間に、仕様に応じた変換部品を定義します
  • 線をつなぎ、データ変換フロー(マッピング)を作成します
ソースターゲットの定義

手順 3 ワークフロー定義、実行

  • マッピングを実行する為のセッションを作成します
  • データベース接続定義、ファイルの場所等を定義します
  • 定義したワークフローを実行します
ソースターゲットの定義

手順 4 ワークフロー実行監視、ログ確認

  • 実行結果の確認、ガントチャートや詳細ログの参照を行います
ソースターゲットの定義

マッピング

ワークフロー

マルチコアCPUの性能を最大限に活かしたデータ連携処理の高速化

並列度を重視したアーキテクチャになっていますので、マルチコアCPUの性能を最大限に活かしたデータ連携処理が可能です。

大量データ、データの増加にも柔軟に対応できる優れたテクノロジーとアーキテクチャ

  • マルチプロセッサ対応の高速エンジンにより、オンメモリ・パイプラインでデータを高速処理
  • パーティション化したデータを複数CPUで並列処理することで、大量データの処理でも高いパフォーマンス
  • 複数サーバによる負荷分散処理(グリットコンピューティング)で、システム全体のリソースを有効活用

大規模システムの安定稼働・信頼性を確保

Active-Activeの構成で運用することができますので、性能が足りなくなった際はサーバーを追加することで性能を上げることができますし、1台のサーバーが落ちても、他のサーバーで運用を継続することが可能です。

  • 障害検知と復旧の自動化によりダウンタイムを最小限に抑える高可用性を保持

関連ソリューション

サイロ化され、企業内に散在する様々な形式のデータを統合、必要な情報を見極め、有効活用するための情報基盤を構築します。

お問合わせ

営業による訪問、資料請求も承っております。

  • ソリューション/製品に関するお問合わせ
  • その他のお問合わせ

セミナーの紹介

ソリューションや製品に関するセミナーも行っております。お気軽にご参加ください。

申込受付中のセミナー

現在受付中のセミナーはありません

IBM認定 定期開催トレーニング
DataStage講座

2020年11月~2021年3月開催【申込受付中】

他の日程は下記リンク先からご確認ください

  • 2020年11月12日(木)~11月13日(金)(2日間)
  • 2020年12月17日(木)~12月18日(金)(2日間)
  • 2021年1月21日(木)~1月22日(金)

ページトップへ戻る

お問合わせ

営業による訪問、資料請求も承っております。

  • ソリューション/製品に関するお問合わせ
  • その他のお問合わせ

製品