BlackBerry Protectロゴ

AIを活用した新しいマルウェア対策

BlackBerry Protectは、AI(人工知能)を活用して標的型攻撃やマルウェアの実行を未然に防ぐ、次世代型エンドポイントセキュリティ製品です。

このようなお悩みを解決します

  • 今のアンチマルウェア製品で守り切れるのか不安だ
  • シグネチャの更新が面倒だ
  • オフラインや持ち出しPCなどの防御が不安だ
  • スキャンの時間が長くて重いため、業務に支障が出てしまっている

従来のアンチマルウェア製品では守りきれない

企業を狙うサイバー攻撃が巧妙化する中で、パターンマッチングや振る舞い検知などの従来のアンチマルウェア製品が行う対策では防げないマルウェアが増え続けています。

従来の対策1:パターンマッチング

既知のマルウェアの特徴と比較し、マルウェアと一致するものを除去する手法です。既知のマルウェアには対応できますが、未知のマルウェアや亜種はとめることができません。

従来の対策2:Sand Box

攻撃されてもよい仮想環境で疑わしいファイルを実行し、悪意があると判断したものを除去する手法です。未知のマルウェアにも対応できますが、実環境かどうかを判断して動くマルウェアはすり抜けてしまいます。

従来の対策3:振る舞い検知

プログラムの動作を見てマルウェアなのかを判断し除去する手法です。特定のアンチマルウェア製品がインストールされていない場合に動くマルウェアはとめることができません。

BlackBerry Protectとは

BlackBerry Protectは、正常なファイルや悪質なファイル(マルウェア)などの数億個のファイルから抽出した約600~700万もの特徴を機械学習させ、AIを利用し作成された統計モデル(数理モデル)により、ランサムウェアを含む悪意ある攻撃をエンドポイント上で検知し、影響をおよぼす前に実行を阻止するアンチウイルス製品です。

Cylanceクラウドが集めたマルウェアの特徴から、マルウェアかどうかを判断する総計モデルを生成します。お客様環境ではその総計モデルでPC内のファイルの脅威度を判定・隔離します
  • BlackBerry Protectの強み
  • CPU負荷が1~3%なので重くならず、快適なまま作業できます
  • マルウェアの特徴を導き出して対策するため、シグネチャは必要ありません
  • オフラインでも高い検知力を発揮します

BlackBerry Protect 構成例

BlackBerry Protectはサーバ構築、メンテナンスが不要で、全国に拠点があっても一括管理ができます。 また、対応OSがWindowsのみではなくMacやWindows serverも対応しています。

BlackBerry Protect構成例

* オフライン環境についての詳細はお問合わせください。

製品比較ご担当者様向けにProtect検知率比較など、無償で行っていますので、ご連絡ください。

お問合わせ

営業による訪問、資料請求も承っております。

  • ソリューション/製品に関するお問合わせ
  • その他のお問合わせ

セミナーの紹介

ソリューションや製品に関するセミナーも行っております。お気軽にご参加ください。

申込受付中のセミナー

現在受付中のセミナーはありません

IBM認定 定期開催トレーニング
DataStage講座

2021年5~6月開催【申込受付中】

詳細は下記リンク先からご確認ください

  • 2021年5月20日(木)~5月21日(金)(2日間)
  • 2021年6月10日(木)~6月11日(金)(2日間)

ページトップへ戻る