技術と感動をつなぐMetro

データクレンジング(データ整備)

データは日々蓄積されるにつれて汚れていきます。
入力間違い、半角/全角や会社表記などの入力がまちまちで表記のゆれがあると、例え同じ情報であっても別の情報と判断されてしまうからです。
データの汚れが進むと、大切かつ重要なデータが「使えないデータ」となってしまい、それらを「使えるデータ」に整備しなおすことが必要となります。

メトロのデータクレンジングで活きた情報を維持

データクレンジングとは、お客様の企業文化からくるデータの持ち方を把握し、データの形式を統一(標準化)、誤りや不足データを補正、補完し、重複データを名寄せ(統合)することにより、データを最適化し品質を高めることです。

お問い合わせはこちらから

顧客関係や分析精度を高め、企業活動に更なる効果を!

例)A社は年間20万通のDMを送付しているが4万通が不達。クレンジング処理後は不達の90%に相当する36,000通の救済に成功し、約288万円のコスト削減(36,000通×郵送費@80円)

例えば、誤ったデータの蓄積は、無駄なコストを発生させるばかりでなく、顧客との唯一の接点である“繋がり”を希薄なものにしてしまいます。「顧客宛の重要書類が届かない」、「住所表記が正しくない」などのトラブルは、顧客に不信感を抱かせ企業への信頼度低下を招くおそれがあります。そして、いずれは顧客・企業間の信頼関係を崩壊させ、既存顧客や見込み客の喪失をも引き起こしてしまうかもしれません。

データクレンジングをおこなうことで、入力ミス、旧住所での表記などで生じたデータの不備に対して標準化処理を施し、補正、補完、名寄せし、顧客データの精度・信頼度を高めます。
また、CRMやSFA、BI分析をおこなう上では、こうした整備され最適化されたデータを利用することが、より一層の効果をあげるためにも重要です。

お問い合わせはこちらから

利用事例

事例1 通信販売業様

年間20万件のダイレクトメールを送付するが、40,000通が不達…

実施後

クレンジング&調査で、救済・重複データの整理を実施した結果、年間約350万円のコストダウンに成功。約20,000件に効果的なアナウンスが可能となった!

事例2 生命保険会社様

若者向けに新しいメニューをダイレクトメールなどでアナウンスしたが、反応が薄い…

実施後

顧客データに対し世帯名寄せを実施したことによって、ご両親宛に新メニューのチラシを同封することが可能となり、お問合わせが増加した!

事例3 流通・小売業様

ポイントカード・データベースに重複情報が発生していたので有効活用できない…

実施後

データクレンジングと名寄せを実施し、データ整理することで、エリア・年代ごとの購買分析が可能となり、戦略的な仕入れ、キャンペーンが可能になった!

事例4 流通・小売業様

グループ会社ごとに商品コードなどが異なるため全体での販売戦略が実施できない…

実施後

グループ単品マスタ、グループ商品カテゴリを構築。商品コードは日々更新されるため、システム化選択したことでグループ一括での仕入れにより、大幅なコストダウンを実現した!

お問い合わせはこちらから

データクレンジングシステム構築

お客様の業務形態やシステム状況を伺い柔軟に対応致します。 システム構築サービス:コンサルテーション/クレンジング要件定義、設計/システム構築/トレーニング/保守/システム保守/辞書の定期更新 各種辞書:telRESS(全国電話帳データベース)/JDICS(全国市外・市内局番住所辞書)/NDICS(姓名辞書) お客さまの保有する顧客データ・ポイント・会員データなどの入力データ(新規登録情報の入力管理。標準化後、DBへ)を商品マスタとともに、クレンジング処理(変更、更新の対応。目次・月次・不定期)し結果を出力することができます。メトロは各種辞書を定期更新しており、最新の辞書を提供します。

既存のデータにクレンジングを実施し、キレイにすることがゴールではありません。
日々汚れていくデータを整備し維持するためには、クレンジングを定常的に実施するシステム構築・運用体制が必要です。本業務で手がいっぱいである、担当者がいない、担当が変更してもデータの品質を維持し続けたい、このようなお悩みをお持ちの方は、クレンジングのシステム化導入をお勧めします。メトロが導入から運用までを支援いたします。

お問い合わせはこちらから

関連サービス

データのビジネス精度をあげることは、企業が効果的な情報活用をおこなう上で重要です。受託でのデータクレンジングサービスから、データ品質を維持するためにお客様業務をふまえたシステム化構築、運用保守までを提案します。

MetrodataQualityは、ベンダーのデータクレンジング製品のオプションとして提供される、日本語のクレンジング処理に特化した製品です。データ磨き名人のノウハウをもとにメトロが開発した、API提供が可能なクレンジング製品です。

データ磨き名人は、自社内で顧客データの名前・住所・電話番号・郵便番号など必須項目のデータクレンジングや名寄せ、電話帳データとのマッチングをおこない、データを整備できるメトロのクレンジング製品です。

IBM情報活用製品は、多種多様かつ大量のデータを包括的に管理できる情報統合基盤です。本製品内の名寄せツール「QualityStage」を使うことで日本語に対応した高速かつ精度の高いデータクレンジングを実現します。

電話帳データベースtelRESSをはじめ、全国市外・市内局番辞書JDICS、姓名辞書NDICS、簡易入力/検索ツールentrySTARなど、メトロのデータコンテンツ活用ソリューションを支える自社製品です。顧客の存在確認や情報補完、入力支援等お客様の課題改善やビジネス環境の向上にお役に立ちます。

お問合わせ

営業による訪問、資料請求も承っております。

  • ソリューション/製品に関するお問合わせ
  • その他のお問合わせ

セミナーの紹介

ソリューションや製品に関するセミナーも行っております。お気軽にご参加ください。

申込受付中のセミナー

現在受付中のセミナーはありません

IBM認定 定期開催トレーニング
DataStage講座

2020年12月~2021年3月開催【申込受付中】

他の日程は下記リンク先からご確認ください

  • 2020年12月17日(木)~12月18日(金)(2日間)
  • 2021年1月21日(木)~1月22日(金)(2日間)
  • 2021年2月18日(木)~2月19日(金)(2日間)

ページトップへ戻る