技術と感動をつなぐMetro

外部からの攻撃・侵入を防止する

外部からの攻撃・侵入を防止する

企業のクライアントPCは、様々な脅威に晒されています。

近年、ウイルスやスパイウェアなど、いわゆるマルウェアはますます凶悪化・巧妙化しています。
様々な手法で攻撃対象に侵入し、ユーザーやウイルス対策ソフトに見つからないように自身の姿を隠しながら不正な活動を行う、マルウェアの“ステルス化”が進んでおり、通常のウイルス対策ソフトでは太刀打ちできないようなものも増えています。

巧妙で複雑な攻撃から企業を守るには、外部ネットワークとの境界やエンドポイントにおいて、攻撃の多様化に対応できる様々な対策が必要になります。
しかし、ソフトウェアの導入、シグネチャやプログラムの更新など、企業のセキュリティ環境を維持するには、多大なコストがかかる上に、管理も煩雑になります。
日々進化していく攻撃に対し、いかに迅速にシンプルに対応するか――メトロでは、管理者及びエンドユーザへの負担を抑え、高度でシンプルなセキュリティ環境を実現します。

クライアントPCにおける攻撃・侵入の防御

1.PCを社外に持ち出した際、パーソナルウォールを無効にしていないだろうか? 2.ウェブ検索は業務上どうしても必要。でも、フィッシングサイトやスパイウェアなどが心配。 3.P2Pソフトなどによるウイルス感染や情報漏えいが心配。利用を制限できないだろうか? 4.社外から社内ネットワークへの接続にIPsecVPNを利用したいけど、設定が大変。 5.ウイルスやスパイウェア対策など、セキュリティ対策製品が多すぎて、管理が猥雑になる!

認証による不正アクセスの防止

1.高いセキュリティーポリシーを維持する為に、定期的に複雑なパスワードを変更しているが、覚えるのに苦労する。 2.複雑なパスワードをいくつも覚えなくてはならない。セキュリティレベルを下げずにもっと簡単なパスワード運用はできないだろうか? 3.パンデミック対策でリモート接続環境を整備
しているが、認証機能は従来通りで大丈夫? 4.社内無線LANの利用が増えているが、不正な
接続を防止する為の安全な仕組みが欲しい。 5.Windows認証にもワンタイムパスワードを
利用できないだろうか?

サーバやネットワークへの攻撃・侵入の防御

1.F/Wだけでは防ぎきれない攻撃による被害が増えているようだが、うちのサーバーは攻撃対象となっていないだろうか? 2.最近インターネット利用時のスピードが遅くなっているようだ。
外部からの集中攻撃を受けている可能性も考えられる! 3.社内PCのセキュリティ対策は万全にしているが、ボットやウイルスに感染して、外部に不審な通信を行っていないだろうか? 4.不正侵入を防ぐための対策は必要だが、運用が難しいものは避けたい。 5.不正侵入を防御できるIPSを導入したいが、専用サーバを設置するなど導入の手間とコストがネック。

この課題を解決する製品

関連サービス

Check Point Endpoint Security は、エンドポイントの保護に必要なセキュリティ機能を網羅しており、それらを単一のエージェントで実現します。

Secure Accessは、Webベース攻撃をはじめウィルスやスパイウェア等の脅威からPCを保護しつつも、エンドユーザからは透過的に動作し、利便性が維持されます。

Sniper IPSは、ネットワークを通過するパケットに対して、様々な角度から繊細な分析を行い、本当の攻撃を検知・防御する不正侵入検知・防御システムです。

導入支援から運用まで、企業のあらゆるニーズに応えるセキュリティサービスを提供しています。高い技術と豊富なサービスで、ストレスなく迅速に情報セキュリティ対策を実現することが可能です。

お問合わせ

営業による訪問、資料請求も承っております。

  • ソリューション/製品に関するお問合わせ
  • その他のお問合わせ

セミナーの紹介

ソリューションや製品に関するセミナーも行っております。お気軽にご参加ください。

申込受付中のセミナー

現在受付中のセミナーはありません

IBM認定 定期開催トレーニング
DataStage講座

2021年5~6月開催【申込受付中】

詳細は下記リンク先からご確認ください

  • 2021年5月20日(木)~5月21日(金)(2日間)
  • 2021年6月10日(木)~6月11日(金)(2日間)

ページトップへ戻る