技術と感動をつなぐMetro

Guardiumの概要

データベースの情報は本当に守られているのか?

データベースはネットワークの最深部に位置し、複数のセキュリティ対策やアクセスコントロールにより守られています。
しかしながら、昨今、データベース(DB)に対する不正アクセスや、内部関係者による故意の情報漏えい事件が絶えません。 標的型攻撃などで特権IDの情報が盗まれたり、またデータベースにアクセスする権限を持った人間が悪意を持った場合、データベースからは「正規のアクセス」に見えてしまい、容易に情報を取得されてしまうからです。

特権IDの行動は全て許されるのか?

クライアント操作ログの取得、外部デバイスの利用制限、メールの文面や添付の検閲システム・・・企業では情報漏洩しないための様々な仕組みを採用していますが、反面データベースにシステム的なセキュリティ対策を取る企業は多くありません。しかし、情報漏洩防止の対策をしているとはいえ、業務に不要な大量の機密情報をダウンロードさせることは問題ないのでしょうか?
特権IDであれば、全ての機密情報を大量にダウンロードすることが許される環境は、情報漏洩対策の観点から見て正しいでしょうか?

ログさえ残っていれば安全なのか?

データベースに限らず、ログを保存することはセキュリティ対策の基本です。しかし、データベースのログは特権IDであれば削除・改ざんすることができてしまうため、必ずしも正しく残すことができません。また、削除や改ざんがされない場合でも、情報が不正に取得されたことをリアルタイムに確認できません。その為、大量の機密情報がダウンロードされていた場合でも、気付くことなくログだけが保存されていることになります。
犯人探しはできても、実際の情報漏洩被害の拡大が防げないことは、果たして対策と呼べるのでしょうか?

ログは100%残しながら、リアルタイムに違反を検知するGuardium

データベースへの全アクセスを監視し、ポリシー違反のアクセスを100%検知・アラートできるのが「IBM Security Guardium」です。ポリシー違反のアクセスは、権限に関わらず全て検知してアラートするため、情報漏洩を発生の端緒で発見することが可能です。また、ログもGuardiumの専用アプライアンスに暗号化して保存するので、たとえ特権IDでも削除・改ざんすることはできません。

最も重要な資産を守るGuardium

例えば美術館が貴重な美術品を盗難から守る場合、美術館の出入口だけ入念に固め、肝心の絵画は鍵のかかった部屋で保管するだけ・・・
ということはあり得ません。部屋の厳重なロックはもちろん、ロックが破られたことを考えた監視カメラや警告ランプの設置は欠かさず 行われます。
Guardiumはまさに、貴重な美術品=機密情報に監視カメラや警告ランプを設置する、情報を盗難から守るためのソリューションなのです。

これらの課題をGuardiumが解決します

Guardiumは、データベースへの全ての操作に対する記録、通知、集計・レポートを、お客様のネットワーク/サーバ環境に負荷をかけずに実現するアプライアンスソリューションです。

Guardiumの3大特徴は、ログの記録、アラート(警告)、集計・レポートです。

お問い合わせはこちらから

関連ソリューション

管理者及びエンドユーザへの負担を抑え、高度でシンプルなセキュリティ環境を実現します。

Sniper IPSは、ネットワークを通過するパケットに対して、様々な角度から繊細な分析を行い、本当の攻撃を検知・防御する不正侵入検知・防御システムです。

メトロは、2001年に旧アセンシャル・ソフトウェア社(現日本IBM社)からCSP(Certified Service Professional)パートナーとして認定され、以降10年以上にわたりIBMの情報活用ビジネスを展開しています。
多くの経験と実績で得たナレッジを元に、IBM情報活用製品に最適なサービスを幅広くご提供いたします。

サイロ化され、企業内に散在する様々な形式のデータを統合、必要な情報を見極め、有効活用するための情報基盤を構築します。

お問合わせ

営業による訪問、資料請求も承っております。

  • ソリューション/製品に関するお問合わせ
  • その他のお問合わせ

セミナーの紹介

ソリューションや製品に関するセミナーも行っております。お気軽にご参加ください。

申込受付中のセミナー

現在受付中のセミナーはありません

IBM認定 定期開催トレーニング
DataStage講座

2020年11月~2021年3月開催【申込受付中】

他の日程は下記リンク先からご確認ください

  • 2020年11月12日(木)~11月13日(金)(2日間)
  • 2020年12月17日(木)~12月18日(金)(2日間)
  • 2021年1月21日(木)~1月22日(金)

ページトップへ戻る

お問合わせ

営業による訪問、資料請求も承っております。

  • ソリューション/製品に関するお問合わせ
  • その他のお問合わせ

製品